航空管制官カテゴリTOP

航空管制官とは?

航空管制官とは、航空機が安全に飛行できるように、レーダーや無線電話などを使って、地上から操縦士に情報や指示を送る、航空管制の専門家です。

航空管制官になるには?

航空管制官になるには、国家公務員の扱いであるため、大学卒業程度の専門職国家公務員採用試験である「航空管制官採用試験」に合格し、国土交通省に採用された後、航空関係の法令・管制の方法・レーダーの知識・気象学などについて所定の研修を受けることが必要です。

》航空管制官になるには

航空管制官に関するコラム・特集記事

準備中