「不動産賃貸の仲介会社」の「営業職」の仕事内容・給料レポート

キャリアレポート 不動産業界、「不動産賃貸の仲介会社」の「営業職」のキャリアレポートです。今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに - 不動産系業界

不動産業界で働く、「営業事務職」のキャリアレポートです。

レポート者のプロフィール
性別:女性
職業・職種:E社・営業
業種:不動産
上場区分:非上場企業
入社ルート:新卒入社
所有資格:宅地建物取引士、普通自動車免許

この業界・この会社を目指した理由

大学時代に引越しをした際に、不動産営業の方にお世話になり、自分も不動産に興味を持ったからです。

この会社にした理由は会社説明会の時に「この人と仕事をしたい」と思う方と出会ったからです。

「不動産賃貸の仲介会社」の「営業職」の仕事内容について

配属された店舗で不動産賃貸の仲介営業の仕事です。 

仕事内容は、主に来店されたお客様の希望を聞くヒアリングとお部屋の提案と内覧の案内と契約手続きと入居時の鍵のお渡しです。

ヒアリング
来店されたお客様がどのような地域にどのようなお部屋に住みたいかを詳しくお伺いします。

お部屋のご提案
お伺いした条件を元にお部屋を提案し条件にぴったり合うものがない時は条件に一番近いものを提案します。

内覧の案内
お客様が気になったお部屋を実際に現地へご案内します。現地に到着したらお部屋を見るだけでなく、周辺環境も実際にご覧頂きます。

契約手続き
気に入ったお部屋のお申し込みから契約締結までの手続きのお手伝いをします。お部屋を管理している会社や家主様によって契約書を作成します。契約金の手続きも会社を通して行うため、お金の管理も厳重に行います。

入居時の鍵のお渡し
契約が滞りなくおわり無事ご入居となったお客様に、お部屋の鍵をお渡しする仕事です。店舗でお渡しすることもあれば、現地に赴きお部屋の前でお渡しすることもあります。

「不動産賃貸の仲介会社」の「営業職」の1日の仕事の流れ

アポイントがない場合

8時15分:自宅を出て、自動車で通勤
8時35分:到着
8時40分:メールチェック
8時50分:清掃開始
9時10分:同じ地域にある複数店舗でスカイプを利用した合同朝礼
9時35分:店舗内朝礼
10時:店舗開店
10時05分:外出準備開始
10時30分:物件の写真撮影のため外出
12時:店舗に戻る
12時10分:撮った写真の編集と掲載
14時:昼休憩(30分程)
14時30分:新規商品開拓のため空家や空き地を探しに外出
16時:店舗に戻る
16時10分:探してきた空家や空き地の登記簿取得など情報収集
17時:所有者にアポを取るための連絡
18時:賃貸条件提案のため家主様訪問
19時:店舗閉店、終業
19時10分:収集した情報の整理20時:帰宅

「不動産賃貸の仲介会社」の「営業職」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は28万円(残業代込み)で、ボーナスは70万円でした。ちなみに、年収は406万円でした。

残業は、自分の仕事の進め方で変わるので、残業がある日もあればない日もあります。

有給休暇は冠婚葬祭は取りやすいですが、そのほかの理由の場合は自分がどのくらい成績を上げているかで変わります。

この仕事で、働いているときに困ったこと・ブラックと感じたところ

困ったことは、自分が持っておかないといけない情報量が膨大にあることです。

不動産関連のことはもちろん、税金のことや保険のこと、その他にも人と深く関わる仕事になるため時事問題や相撲情報など多岐に渡ります。

不動産関連のことについては、入社前から勉強して備えることができましたが、そのほかは毎日新聞を読んだり、税金関係・保険関係の仕事についている友人に話を聴いたりしました。

気になったことは、有給休暇の取得のしにくさです。これについては、店舗の上長によっても取りやすさが異なるので統一されるといいのにと思いました。

この仕事や職場でよかったこと・ホワイトと感じたところ

営業職のため、自分が成績を上げるとその分昇格・昇給に反映されることです。

どうしても残業が発生してしまうため、残業をしてでも成績を上げるとその分の頑張りが昇格・昇給に反映したときは嬉しいです。

1年目に必死に働き、同期の中で上位の成績を収めたので2年目に主任に昇格することができました。昇格と同時に昇給もしたので、モチベーションが上がりやる気に繋がりました。

他にも、仕事をする仲間に恵まれていたと思います。急に病気になったとき、妊娠した時に気にかけてくれ辛い時は休憩をすることができました。

また、仕事で困っている時に一緒に解決する術を考えてくれたりと協力しながら仕事をすることができました。

「不動産賃貸の仲介会社」の「営業職」の仕事エピソード

感動したことは「ありがとう」と言っていただけたことです。

仕事をしているので、お客様の要望に合うようなお部屋を探すことに一生懸命になるのは当たり前と思い仕事をしていたため、まさか感謝の言葉をいただけるとは思いませんでした。

特に、新人のとき応対の初めにお渡ししたアンケートハガキの自由記入欄に「一生懸命に応対していただき有難う御座いました。新人さんなのにしっかりしていてとても頼もしかったです。
また部屋を探す時は○○さんにお願いしたいと思います。○○さんの今後の成長に期待です」と記入していただけた時は感動しました。

大変だったことは、お客様の過去の滞納歴と職業を理由に家主様が契約をお断りされた時です。そのままを伝えるわけにはいかなかったため、どのようにお伝えするか考えることが大変でした。

すでに辞められている場合、その理由を教えてください 

妊娠したためです。

この会社・職場での職場恋愛について

職場での恋愛は多かったです。よく誰と誰が付き合っているという噂が立っていました。職場内で恋愛し、結婚した方もいらっしゃいました。

職場以外では、友人の紹介であったり、学生の頃からお付き合いをされていたり、ご対応したお客様に後日告白をされてお付き合いされたり、ご結婚される方が多かったです。学生の頃からの知り合いやご友人を通してお付き合い・結婚をされている方が中でも比較的多かったと思います。職場内で結婚をされた方はあまり多くなかったです。

まとめ - 同職業を目指す方へのメッセージ

きついきついと言われる職業ではありますがその分達成感がある仕事です。もちろん嫌なこともたくさんあります。ですが、それ以上に嬉しいこともある仕事です。頑張ってください!

おすすめの記事